ホンダF1撤退?逃走とか脱走じゃないの?

まあ、F1を扱ってるブログなので、これに触れないわけにはいかないでしょう。まして、SAF1ファンであったから尚更言いたいことも山ほどあるわけで・・・

素人目に見ても、どうかんがえてもおかしいと思う。世の中の経済状況はもちろん分かるけど、全チームが辞めるわけではないし、ホンダよりはるかに予算規模が小さいと言われているルノーは頑張って続けているし、なにより、本当に経済的な理由ならば、予算規模とかチームの規模を縮小すればいいことだし、何より、SAF1は本体の予算に比べてはるかに小さい資金で本体よりいい成績だったのだから、出来ないわけがないはず。

今年の初めにSAF1が突然撤退してから(その少し前から)なんか、ホンダF1チームがおかしな方向に進んでいるような感じがしてたけど、まさか本体がこんな形で第3期を終了するとは思わなかった・・・
レースが好きな自動車メーカー、レースを大事にする自動車メーカー、そんなイメージが「ホンダ」にはあったし、そんなポリシーがすきでCR-Xを買ったりした事もあったけど、もはや、そんなイメージはなくなったのかもね。

と、「ホンダ」という自動車メーカーに対するイメージが変わってしまったけれども、なぜか2輪や国内レースはそのままだって言うから、余計に「?」となってしまう。本当に販売不振とか経済状況が理由なの?

まあ、もはやホンダの事はどうでもいいので、今日から始まったテストで琢磨がレースドライバーに選ばれてくれればいいなーと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です