鬼気迫る、圧倒的な迫力と緊張感

なんやかんや言ってますが、初めて仙台フィルの定期に行ってきました。

20140615-203634-74194490.jpg
基本、金曜・土曜日に開催される演奏会なので、なかなか行けなく、シンフォニー好きでモーツァルトはあまり好まない人なので、聴きに行きたいプログラムに会うことが稀ですが、

ようやくその時がやってきました。

プロクラムはモーツァルトのピアノコンチェルトとショスタコーヴィチの交響曲第五番。

定期が初なら、革命を生で聴くのも初という初づくし。

もう、凄いの一言。凄まじい演奏。
曲のエネルギーというか、作曲家の想いが伝わるような演奏に圧倒されてきました。
曲の最中はホール全体が緊張感に包まれていましたが、終わったと同時に轟音の様な歓声、拍手。

指揮者はじめ、演奏者も満足げな表情。

ああいう演奏してみたいと思ったのと、やはり演奏は生に限る、と実感した一日でした。
聴くのも疲れた´ω`)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です