「日記」カテゴリーアーカイブ

便利なのか、不便なのか・・・

ある交通事故で電柱が倒されたら、ある地域一帯で携帯電話やネットが使えなくなった。事故現場見てみると大した事故ではなさそうだったのに、通信網は全滅したそうで、こんなに弱くてどうするんだろうって思う。

よく「災害に強い・・・」ってキャッチフレーズ聞くけど、全然強く無いじゃんって思う。携帯なんか、アンテナ壊れたら使えないし、停電になったらインターネットだって、コンピューターだって使えない。なのに、IT化とかいって全部データ化してるし。

前に地震あった時だって携帯はしばらく使えなかったし、こういう時はやはり人力が一番だと思う。

普段からそういう生活をするために、会社からの電話とか知らない番号の電話は取らないし、なんでも印刷してデータだけにしないし(紙だらけ)一昔前の生活がいいのかもしれない。

そうなると、ブログはどうしよう・・・

東芝グランドコンサート

久しぶりに、プロの生演奏を聞いてきました。
今までにも、オーケストラの演奏は聴いたことがあったのですが、残念ながらすばらしい演奏を聴いた事がなかったため今回は非常に期待して聴きに行きました。

会場は仙台市のイズミティ21。ここは、過去に何度も演奏したり聴きに来たところなので非常になじみがあります。
ここで一体どんな演奏が聴けるのか・・・始まる前から興奮状態でした。

ホールに入ってみると、以外に奏者の椅子が少ない。まあ、最初の曲だけかもしれないし、この人数ですごい音が出てくるのかもしれないし・・・
席に座ってると、ステージ袖からウォームアップの音が・・・みんなすばらしくいい音(あたりまえ)その音を聴いて更に興奮。

開演となり、楽員がステージに。やっぱり少ない。「この人数で一体どんな音が?」

最初の曲は「歌劇「近衛騎兵隊」 序曲」残念ながらこの曲知りません。

音が出た瞬間「!!」非常に素晴らしく美しい!こんなにきれいなバイオリンの音は始めて聴きました。
もちろん、バイオリンだけではなく全体が素晴らしい響きで人数からは想像できなかった音が出ています。

ロジャー・ノリントンの指揮も非常に明快で力強くオケがそれに応えるように重厚な響きです。

いろいろ悩んだけど、聴きにきてよかった。そう思いました。ちなみにチケットは1万円のA席でした。

2曲目は、ベートーヴェンの「ピアノ協奏曲 第4番 ト長調 作品58」ソリストは小菅 優さん。
ピアノをセッティングするために一旦楽員が掃けてゴソゴソと移動し始まったのですが、

「え?!!」

ピアノがステージど真ん中に配置されました。しかもふたが全開で後ろ向き。始めて見たので、「いづい」
続けて楽員が入ってきたのですが、なんとバイオリンは後ろ向き「!!」
さらに、指揮者はステージ中央でピアノに片手を掛けて指揮!

演奏は素晴らしかったと思います。少なくとも私は(ピアノの演奏は良く分からない)

2曲目が終わり休憩となったのですが、とにかく興奮冷めやらず、といった感じです。
さらに、次の曲は「交響曲第1番:ブラームス」ですから、ますます期待が高まります。
と、思っていたら やたら椅子を追加しています。譜面台も大量に追加しています。
ステージ上はギュウギュウ詰めになって行きました。これは楽しみです。

以前に某国営放送で「ブラ1聴き比べ」みたいなものをやってたのですが、冒頭部分だけでもいろんな解釈があってどれもすばらしいえんそうでした。今回それを生で、ドイツの有名オケの演奏で聞くことができる・・・夢の様です。

ネットで検索したとき、ノリントンさんはここを早めで固く演奏するスタイルだと見たことがあったので、大体の想像はしてましたが・・・

期待を裏切らずに、かなりの速さで演奏してました。ティンパニもこれでもか、と言わんばかりに叩くし、思わず「ニヤリ」としてしまいました。
とにかく、非常に透明感があって重厚な音色といかにもドイツ風の表現方法は聞いてる人々を圧倒しているようです。

2楽章はうってかわって非常にゆったりと旋律を聴かせる演奏。ここでのコンマスのソロは圧巻!非常に高い音なのに非常に綺麗な音だったのが驚き!(あたりまえか・・・)1楽章の半分程の時間だった為か、あっという間に終わった感じ。

3楽章は木管楽器の美しい音色と増やしたとは言え、あんな人数でこんなに響くとはまたまた驚きでした。一番右端の楽器は始めて音を聴きましたが、凄い!体に響くような低音が1本だけなのにホールに響き渡るのは圧巻。(あの楽器はコントラファゴットと言うそうです。)

いよいよ4楽章。非常に高い緊張感を持って始まる冒頭から重々しく進んでいきます。緊張感で息が出来ないほどでしたが、一転してホルンの旋律-クララ・シューマン(:シューマンの奥さんだそうです)への愛を表しているそうです。から、この曲の主題とも言うべき部分へと続いていきます・・・

非常に透明度が高く、抑えられた旋律は、教会の中なのかそれともアルプスの頂上なのか、とにかく、表現が難しくなるほど感動的でした。
ここから一気にフィナーレへと盛り上がっていくのですが、期待を裏切らない演奏は「さすが!」と言えるものでした。
あっという間に終わってしまったため、もう一度聴きたかったのですが、そうもいかないのでまたいつか聴きたいです。

あの透明感はノリントンお得意の「ノン・ヴィブラート奏法」のおかげだったそうなんですが、非常に良かったです。

今日の気分

昨日までは、結構仕事に対するテンションが高くて担当してる仕事の段取り一生懸命考えたりして「仕事頑張る!」みたいな感じだったけど、なぜか今日になったらそのテンションがすっかり下がってしまった・・・

そもそもこんな時間にブログ書いてるから、やる気あるわけが無く、早く帰りたい。

なぜかと言うと、たぶん、臭いからだ。

それと、仕事もせずにネットゲームしてる人が居るからだ。私はネットワーク管理者だから分かるのだ。しかし、平民なので、文句言ったり叱ったりできない弱い立場なのだ。そこが辛い。

 

最近良く思う

テレビ見てるとうざいCMが増えたような気がする。

特にパチスロ関連。あれやめて欲しい。最近くりいむしちゅーの出てるCMが公職選挙法がどうのこうのってクレームついたらしいけど、パチスロ関連のCMのほうが遥かにクレームだと思う。

それと、「○ンガのたつじーん」ってやつ。なんか歌が妙に癇にさわる。

あと、○フトバンクの犬。もう面白くない。
続きはWEBでってやつ。いちいちWEBで続き見ないよ。

以上。

逆に、ウルトラマンが麻雀でしゃべった奴はウケた。「おまえしゃべれるのかよ!」

餃子を食べましょう

連日話題の中国産餃子。不幸中の幸いで、一時重体だった方は回復してきたそうですが、次々と被害が出てくると、

「中国産はだめ」

ってなるよね。今は何でも偽装が流行りだから、「何を信じていいのか分からない」・・・ごもっともです。
しかし、妻がいい事言いました。

「全部手作りに戻るよね」

その通り。材料は国産だけにして、料理は全部手作り。つまり、昔に戻るのです。いろいろ問題はあるでしょうが、これが一番安心できます。命がけで安いもの買いたくないもん。

と思ってたら、「日本人はあまりに虚弱体質だ」って中国の人が言ってるそうです。
ちなみに、ソースはこれ 人民日報も報道 中国餃子中毒事件 一部ウェブ「日本人は虚弱体質」

だったら、あんた食ってみろよ。

ヨコズナ・アサショーリュー

惜しかったですな。もう少しで優勝だったのに。
白鵬に「休んでいた人には負けられない」とか言われてるし。

まあ、これで優勝なんかしちゃったら休んでない人はなんなんだ?となっちゃうし、横○審議委員?の人達面目なくなっちゃうし、これで良かったのかな?

こう書いてて、なんか以前にもこんなことあったような・・・去年のF1チャンピオンと同じ状況だった。
そういえば、我がSAF1は一体どうなるんだろう。全然今年の体制とか、新車とか出てこないし、不穏な噂とか出てくるし、母体であるホンダの新車はダメダメだって言うし、少し、冷めてきた。

流行

今年の冬は早い内からインフルエンザが流行しているようで、年末に警報がでたり、今も注意報が出ているところも随分あるそうです。
国立感染症研究所 感染症情報センター<インフルエンザ>

こういう流行はあんまりいらないのですが、私の職場でもインフルエンザの脅威がやってきました。
上司の家族が感染したとかで今日も会社を休んでいます。それは仕方の無い事なのですが、その分元気な私たちに仕事が降りかかってくる!しかも急ぎだ!!こっちが病気になりそうです。

先日のブログに去年上司がインフルエンザにかかって大変だったと書いたばっかりなのに今年もかよ!!と言いたいところですが、無理してうつされると困るので、予防しなければなりません。栄養とか、睡眠とか基本的なこともそうですが、いろんな意味でビタミンCが足りないのも悪いそうです。ということで、しばらくビタミンCを取ろうかと思います。今日の日記は、それを書きたかったのです。要するに自分用メモです。

センター試験

今日から、大学入試センター試験が始まるそうです。寒いので、受験生の皆さん、注意して頑張ってください。私は受けたこと無いけど。

今年は、英語のリスニング試験が上手くいくかどうか、心配なんだそうです。どうやら、試験に使う機械の調子が良くないらしくて、受験生の皆さんに迷惑をかけたから、今年はそのような事がないように準備したそうです。

だったら、無理して試験しなきゃいいのに。筆記の試験するんだから。

今年は、北陸地方とか東北地方の日本海側では雪が降っていて、明日は東京でも雪か?などと言われてますが、雪ですべ・・・これは禁句。きをつけてください。

そういえば、何時のことだったか、高校受験があった日にたまたまテレビを見ていたら、試験の回答速報みたいな番組をやっていたのですが、その番組のCMで、中森明菜の「DESIRE」が流れていたのですが、サビの部分「まっさかさーまーにーおちて・・・」あんまりです。多くの受験生が見ているテレビで「まっさかさーまー・・・」はあんまりです。

温泉

どうして温泉は気持ちいいのだろう?
そんな事を考えながらゆっくり温泉に浸かっていたのだが、まったく分からない。

幸運な事に、近くには「鳴子温泉」という、温泉郷があるのですが、ここは「日本国内にある11種の泉質のうち9種がここに集まっています。 」という珍しい温泉なので、何回来ても飽きません。今はすっかり雪景色でいい感じなのですが、吹雪とかが怖いです。

薄型液晶テレビや高級自家用車もいいけど、こういう気持ちいいのも捨てがたいな~

病気

年末と年始に風邪らしき病気にかかった。症状としては、微熱・咳・鼻水・鼻つまり・・・所謂「風邪」の症状なのですが、なぜか、中途半端な症状ばかりなので、こっちはすごく具合悪くても一見すると普通の様な状態なので、辛かった。

中には、大した事無いはずなのにやたら顔が赤くなったり、くしゃみ連発とかだと周囲から「具合悪いの?早く帰ったら?」などと、慰めの言葉をかけられるのですが、体質なのか、私はそうはなりません。

いつだったか、今年はインフルエンザが大流行するかも?ってテレビで言ってたので、一回くらいはかかってみたいです。あれって治るまで会社行ってだめなんでしょ?だったら、しなない程度に具合悪くなって会社休みたいです。

一昨年、上司がインフルエンザで休んだ時は、突然上司の仕事やらされて、ひどい目にあったので・・・

運動不足

ずっと休みで運動不足だったので、Wii FITでバランスチェックしました。

非常に面白かったです。最新ゲーム機の技術を堪能してきました。
あれなら家族で楽しめるし、運動不足も解消出来そうだし。

しかし、あの姿はなかな面白い・・・

 

新年

いろいろあって何かと忙しかった新年ですが、とうとう休みも終ってしまいます・・・
いつも思うのですが、「もう少し休みがあればいいのに」ってどれくらい?
1ヶ月もあったって飽きそうだし、1日2日じゃ足りなそうだし。

そうえいば、「年末ジャンボ」はずれました・・・
当たってれば、1ヶ月くらいの休みは取れそうだけどなかなかそうは行かない。

忘年会の予約

いよいよ今年もわずかとなって、毎年恒例の?忘年会の季節です。
会社は強制行事なので、上手く通り抜けるとして、それ以外の忘年会が楽しみなのです。

同級生との忘年会だったり、趣味のサークルだったり、いろいろあると思いますが、
最近の私の楽しみは「高校の先輩たち」との忘年会であります。

高校生時代、2個上の先輩と言うと、とても恐ろしい人達という記憶しかありません。
毎日の特訓?、合宿、部活動等々とても怖い人達ばかりでした・・・

偶然、遠い親戚にその2個上の先輩がいたお陰で私自身はあまり恐怖の記憶がないのですが、それでも、今思い出すと楽しい思い出ばかりです。
そんな高校時代の記憶を振り返る忘年会・・・非常に楽しいです。
今だからこそ言える事ってたくさんあるので、お互いそれを言い合うのも楽しいし、その当時はこんなこと考えていた・・・と今更言われて驚く事とか・・・

今年も23年ぶりに再会する先輩が参加するので、今から楽しみです。

○田先輩は同業者という事もあり、会うことも多いのですが、楽しい人です。ダブル定額のとどめを刺してくれたのは今でも感謝しています。

 

わたしの日本語わかりますか~!!

年末なので、皆あわただしい。
会社も、家庭も、道路も忙しい。

忙しいのにやたら細かい打合せとかあると、イラっとする。
電話で話してると、うまく伝わらなくてイライラすることがあるが、それは私だけではないようだ。
電話の相手があまり物の分からない人らしく、「何言ってるか分かりますか~?」「わたしの日本語わかりますか~!!」と興奮しながらしゃべってる人が居た。そんなに興奮するなよ。

まあ、せわしない人というのは年中そういう感じだから、年末に限ったことじゃないけど、こんな忙しい時にイライラされるとこっちもせわしなくなる。

なにかと危ないので、少しのんびりしよう。

 

薬の飲み方

久しぶりに本格的な風邪をひいた。
今回はあまり熱は無かったが、喉の痛みと鼻づまりがやっかいだった。

久しぶりに病院へ行ったのだが、相変わらずここに居るだけで病気になりそうな雰囲気だった。
しかも、近くで凄く具合悪そうにしていた人が、診察が終わってから看護婦さんに「ああ、インフルエンザのA型ですね~」ってかるーく言われてた。ってそれってやばくない?っていうかそばにこないで?

なんだかんだで、注射を打たれて薬をもらいに薬局へ
薬が出来るまで待っていると、ふと「薬の飲み方」というポスターが目に入る。

「コップ一杯の水を一緒に飲むと、薬で胃を痛めることはありません。水は大目に飲みましょう」

なるほど、水か。で?

「食後とは食事のあと30分以内の事を言います」

まあ、そうだろうな。

「食間とは食事の最中のことではありません」

??ん? そういえば、たまーに「食間」って見るけど、食事中じゃないのか。確かに、おかずと一緒に薬飲むって聞いたことないし、じゃあいつ?

「例えば、朝食と昼食の間の事を言います」

なーんだ。そういうことか。でも知ってた?こんなこと。
などと、すこし利口になった一日でした。