お爺さん

私には「お爺さん」という人がいない。生まれた時には既に亡くなっていたからなのだが、
唯一、「お爺さん」と呼べそうな人がいた。

その「じいさん」が先日亡くなった。20数年の関係だったが、常に私のことを気にかけて
くれていたし、とても大きい存在だったので気軽に「じいさん」と呼べなかったが、
心の中では「じいさん」だった。

見送る時は、私なりの出来る限りの感謝を込めた恩返しが出来たと思う。
でも、こんなんでは足りないので、これからも恩返しは続いていく・・・

将来、何時になるか分からないが、じいさんの所に行った時はまたいつもの様に声を掛けてもらいたいな~と思いつつ一生懸命息抵抗と思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です